結果を出しやすいのもやりがいになる

生徒それぞれに細かく対応できる

個別指導塾では集団指導塾に比べ指導する生徒の数が少ないです。そのため一人ひとりの習熟度に応じて授業をすることができます。多数の生徒を一度に相手する集団指導塾ではどうしても画一的な授業をせざるを得ません。その中で優秀な何名かの生徒が結果を残す可能性もありますが、いわゆる落ちこぼれの生徒を作ってしまう可能性も高くなります。そうした”下手な鉄砲、数撃ちゃ当たる”式の指導では安定した結果が出せず経営者や保護者から指導力に疑問をもたれることにもなりかねません。その点、個別指導塾は自分の指導する生徒の人数は少ないので、その生徒に責任を持って全精力をそそぐことができます。そういった意味で個別指導塾は結果を出しやすく、やりがいのある環境であるといえます。

生徒の保護者への対応

集団指導塾は生徒数も多く、必然的に保護者対応の機会も増えてしまいます。教育者の仕事は生徒だけを相手にすれば良いわけではありません。個別、集団に関わらず塾の仕事は生徒を指導するだけではなく、その保護者を満足させなければなりません。本来ならば生徒の成績が向上するために全精力を注ぎたいところですが、保護者のニーズにあった指導もしていかなければなりません。いくら生徒との関係がうまくいっても、保護者との関係がうまくいかなければ、指導の上でストレスを抱えることになります。その点、個別指導塾では授業方針はある程度教師の裁量に任されているので、生徒と保護者の求める授業のスタイルで授業を行うことが比較的容易です。生徒の指導に集中できる環境をつくりやすい点は個別指導塾の利点であるといえます。