他の教育系アルバイトと違うポイント

集団塾や家庭教師との違い

個別指導塾は集団型の塾とは異なり、生徒1人から3、4人くらいに対して講師が1人という環境のため、生徒との仲が親密になりやすいという特徴があります。また、地域差はありますが、一般的に個別指導塾の方が学力に伸び悩む生徒や学習に対する苦手意識が強い生徒が集まりやすいといわれているようです。そもそもの学習意欲が低いという生徒も少なくないので、講師は生徒をやる気にさせる術を持つことが求められるといえるでしょう。 個別指導塾と家庭教師との違いは、すぐそばに別の生徒や講師がいることです。個別指導塾の形態にもよりますが、個別指導塾は生徒と講師の組み合わせが固定ではない場合があります。このため、個別指導塾には家庭教師に比べ適度な緊張感があるといえるでしょう。また、家庭教師の場合は各家庭で授業を行うことが多いですが、個別指導塾は生徒が塾に足を運ぶという点も大きな違いです。

個別指導塾ならではのやりがい

個別指導塾は集団型の塾よりも一人ひとりの生徒に向き合いやすいので、生徒の成長を間近で見ることができます。その分、各生徒に合わせた関わり方をする必要があります。講師は授業力だけではなく、人間性も問われるので人との接し方の勉強になるといえるでしょう。生徒が問題を解く様子をじっくり観察することで、つまずいている箇所を見抜く力を養えます。生徒とともに自分自身も成長できるのは個別指導塾でのやりがいの一つです。 また、個別指導塾では講師の技量や相性次第で生徒から指名されることもあります。家庭教師とは違い周囲に何人もいる講師の中から生徒に指名され、その生徒の努力に寄り添い結果が出た時の嬉しさは格別です。この点も、集団型の塾にも家庭教師にもない個別指導塾ならではのやりがいだといえます。