一対一での授業をできるのがやりがいの源泉

自分が受け持った生徒の成長を感じられる

個別指導塾の講師は、一対一で授業ができ、自分が受け持った生徒の成長を通じてやりがいを感じられるため、教育業界を志望する若者の間で人気の職業の一つとなっています。一般的に、個別指導塾の講師として一人前に指導を行うには、主要科目を中心に幅広い知識が必要となります。また、小中高生と関わる機会が少ない人は、上手くコミュニケーションが取れるようになるまでに時間が掛かることがありますが、勤務先の塾で研修を受けたり、自発的に対人関係のセミナーなどに参加をしたりしてスキルを磨くことが大切です。若手の講師の人材育成に積極的な個別指導塾の中には、先輩講師が効果的な指導方法を伝授したり、指導のマニュアルが用意されたりすることもあり、自信を持って生徒の指導にあたることができます。

生徒の進路の選択に携わることもできる

個別指導塾は、マンツーマンで生徒の学力向上や受験対策を目的とした授業が行われています。特に、大学受験や高校受験の実績がある個別指導塾で働く講師は、単に授業を担当するだけでなく、生徒や保護者と定期的に面談を行ったり、学力の伸び方について分析をしたりする場面も多くなります。経験豊富な講師の中には、様々な場面で担当の生徒から進路に関する相談を受けることもあるため、適切なアドバイスができるよう、日々の業務を通じて将来に繋がる経験を積むことが肝心です。そうした中、少しでもやりがいが大きい個別指導塾を勤務先に選びたい時は、一人の講師が担当する生徒の数がそれほど多くないところや、三者面談などの機会が恵まれているところを探しましょう。